資格の取得方法

最も有名なのが「CAD利用技術者試験」

未経験でも就職が可能なCADオペレーターですが、それでもやはり即戦力で勤務をしていくことを考えた場合予め何らかの資格取得をしておいた方が便利です。

CADの操作に関する資格試験は現在のところ民間団体が主催する技能資格しか存在していません。

中でも特に知名度が高いのが「CAD利用技術者試験」という一般社団法人コンピュータソフトウエア協会と一般社団法人コンピュータ教育振興協会が協力して設置されているCAD利用技術者試験センターが実施する試験です。

こちらでは3D試験、2D試験、基礎試験の三段階があり必要に応じて受験する科目を使い分けることができます。

それぞれの試験にも級数があり、難易度が次第に上がっていくようになっているので自分のレベルアップや業務上の必要に合わせて受験をしていきます。

試験日程は都度行われているので、公式サイトから空いているスケジュールや受験地を確認することができます。

一応は覚えておきたいAutoCAD

シェア争いが激しいCAD業界ですが、それでもやはりAutoCADは大きな存在感があります。

Autodesk社では独自にAutoCADのための試験を実施しているので、そちらの公式テキストから勉強をしていくことで便利な使い方を学ぶことができます。

仮にAutoCADではないソフトが就職をしたい企業で採用をされていたとしても、基本的な機能はAutoCADに準じているか、そもそもベースとなっている製品であったりということも多いため、とりあえず資格を目指すならAutoCADが使えるようになっておくということがすすめられます。

公式テキストや試験についてはサイトに掲載があるのでそちらを参考にしてみてください。