CADは独学でも学べます

CADオペレーターとしての技術習得方法

CADオペレーターは勤務をするためにあらかじめ必ずとっておかないといけない資格があるわけではありません。

高度な知識が求められる設計部分については他の設計士などの担当者が作成をするので、CADオペレーターはそこで受けた指示をそのまま図面に反映させるという製図部分の業務のみをしていくことになります。

しかしだからといって全く何の知識もないままでも製図をすることができるかというと決してそうではなく、事前にある程度知識やスキルが備わっていなければいけません。

CADオペレーターに求められる技能としてはまず「CAD用ソフトの操作」があり、そこに加えて「設計図を作成するための基本的な知識」が追加されます。

私達は普段の生活の中では建物や設備などの設計図を見かけることはほとんどありませんが、そうした図面には必ず記載することになっている特定の項目がいくつかあります。

CADオペレーターはパソコンの画面を使用して図面の作成をしていきますが、公共施設などでは紙面として提出をしなければいけないこともまだまだ多いので、そうした図面作成のための基礎知識は最低限備えておきたいところです。

それらの技術は未経験で就職してその場で教えてもらってもよいのですが、独学で事前に学習をしていくことができます。

通信教材などで便利でわかりやすく解説をしているサービスもあるのでそうしたところから探してみるのがおすすめです。

スクールか通信教材か

CADオペレーターのための知識習得で調べてみると、まず多く見かけることができるのが情報処理系の専門学校への通学です。

情報系の学校では必ずといってよいほどCAD課は設置されているので、そうしたところに通学することで実際にパソコンでソフトを使用しながら技能を習得していくことができます。

また最近では自治体の雇用政策として職業訓練の一貫としてCADオペレーター講座を用意しているところもあるので調べてみるとよいでしょう。

しかし子育て中の女性や現在別の職業に就いているといった人の場合は、通学のための十分な時間を確保することができなかったりします。

そうしたときには独学でも学習可能なテキストやソフトを販売している通信講座サービスを利用してみるとよいでしょう。

講座では自宅にあるパソコンにインストールできる学習用のソフトがあったり、後から参考にできるわかりやすいテキストがついてきたりするので、就職をしてからのおさらいにも便利に使用していくことができます。

最初のとっつきには苦労することも

自宅のパソコンを使用して学習ができる技能としては、CADの他にもワードやエクセルなどのオフィス系のソフトや、会計を学べるソフトなどといったものがあります。

そうした他の業務に必要なスキル習得のための自宅学習において、CADはかなり最初のハードルが高く慣れるまでに時間がかかってしまいます。

特にあまり数学や図形が得意でなかったという人にとっては最初に基本的なしくみを覚えることができるまで相当苦労をしてしまう例もあります。

ただCAD自体は決して操作が難しいわけではなく、面倒な計算などもパソコンで瞬時にやってくれる便利な機能が備わっていますので、まずは基本的な知識をじっくりと学んで図面作成の基礎を覚えるようにしていきましょう。

途中で諦めてしまうという人も中にはいますので、これから学ぶときにはしっかりとやり遂げるという強い意志を持ってのぞんでください。