CADオペレーターの求人情報

多種多様な業界から求人されています

CADオペレーターは現在もかなり多くの求人が出されています。

CADを使用している業界は年々広がりを見せており、従来より設計を主な業務としてきた建築・土木系の設計事務所や建設業はもとより、それまではあまり見られなかったような玩具メーカーや広告業界などからも人材を求められるケースも増えてきています。

ただし一方で不動産業や製造業といった大きな規模の業界では売上不振が続いてしまっていることも影響していて、人数を一気に増やすといったような方法では募集をされない傾向もあります。

一時的に忙しくなったときに即戦力となるCADオペレーターを派遣社員などで募集するケースもあり、長く安定的に仕事をしていくことができる職場というのはかなり競争率が高くなってしまいます。

逆に言えば好条件のCADオペレーターの仕事は一旦就職してしまえばその後安定的に業務をしていくことができるということなので、まずは派遣やアルバイトなどでスキルを身につけてそうした経験を活かして正社員として勤務ができる場所を探すというような方法もあります。

即戦力が求められるCADオペレーターにおいては、未経験よりも専門学校や通信教育でCADの勉強をしてきたり、既にいくつかの場所で仕事をしたことがある人の方が有利となっています。

CADオペレーター以外の業務と兼任するケースも

CADオペレーターとしての仕事を専門的に求めるということもありますが、ここ近年で増えているのが他の事務系の仕事との兼任で募集をするというケースです。

もしくは求人票には「CADオペレーター」といった名称は使用せず、一般事務やアシスタント職として採用をしてその中でCADを使用する作業も含むということもあります。

幅広い業界で使用をされているCADですが、そうした設計を業務の中心にしているわけではない企業においてはCADオペレーターという業務も臨時に必要になることの方が多いため、専属ではなく別の業務との兼任ということにしていた方が都合がよいというわけです。

ただそうした事務職をしながらCADオペレーターもするといった仕事でもあらかじめCADオペレーターとしてのスキルや基本的な知識があるかということは必ず問われてくるので、事前に学習ないしは経験がある人の方が有利に就職をすることができます。

ですのでCADオペレーターとしてのスキルを学習しつつ、事務職などを募集している設計事務所などの求人を探すといった方法もあります。

技術職として在宅などで仕事もできます

CADオペレーターの仕事でもう一つ特徴的なのが、自宅にあるパソコンなどで内職として仕事を受けることもできるということです。

CADオペレーターによる製図作業は打ち合わせなどが事前に必要になりますが、実際の作業をする課程は特に必ず社内で行わなければいけないということはありません。

そのため派遣社員やアルバイトなどの他、自宅で作業をして成果物だけを届けてもらうという在宅での仕事も多く発注されています。

以前は設計事務所などでCADオペレーターとして仕事をしていた人などが、子育てなどで一時退職をしたときに外注として製図を引き受けるということも多く行われています。

そうした自宅での仕事の場合にはかなり先に熟練した知識や経験がないと難しい部分がありますが、慣れてくれば自分のペースで働いていける便利な仕事となります。