CADオペに必要な資格

CADオペレーターの求人に有利な条件

CADオペレーターとしての仕事をしていく場合には、何か事前に特定の資格を得ていなければいけないということはありません。

実際未経験からCADオペレーターの求人に応募をして、そこから技能を習得していったという人もかなりたくさんいます。

逆にCADオペレーターになるために事前に技能の習得をするということも当然できます。

CAD関連の資格は現在のところどれも民間団体が主催する技能資格という取扱になっていますが、ほとんどの資格では実際の現場でより多く使用されているソフトや例題を用いた即戦力となるための学習内容としてまとめています。

有名なものとしては「CAD利用技術者試験」や「CADトレース技能審査」があり、またシェアの大きいAutoCADに絞り込んだ「Autodeskマスター試験」というものもあります。

その他各種CADメーカーが自ら主催する独自の試験も開催されているので、もし事前に使用するソフトがわかっているならそちらのメーカーの公式サイトなどからテキストや教材を取り寄せてみると実践に役立った学習を進めることができます。

求人票を見れば必ず使用するCADソフトが記載されているので、募集をする前に必ずチェックしてみてください。

CADは資格だけで備わる技能ではありません

CADオペレーターを目指すときに気をつけてもらいたいのが、資格やスクールでの学習で備わった技能だけですぐ現場で対応をすることができるわけではないということです。

CAD用のソフトは有名なものだけで10種類近くあり、他に各メーカーが独自に販売しているカスタマイズソフトを加えると無数にあると言っていいくらいです。

また同じソフトを使用していても、その企業内でそれまで多く受注してきた業務や担当をしてきた設計担当者により独自のフォーマットとなっているのが一般的です。

そのため十分にスクールなどで学習をしてきたつもりでも最初のうちはどういった製図をすればよいかがわからずに戸惑うこともよくあります。

特に派遣社員などとして複数の現場経験がある人などは、どうしてもそれまで勤務をしてきた環境のクセに引きずられてしまいうまく周囲との連携がとれないということも起こります。

CADオペレーターにとって最も重要な資質は資格よりも経験です。

既に持っている知識やスキルを全てとは思わず、柔軟に現場の様子に対応していくことができるようにしていきましょう。