諒設計アーキテクトラーニング

設計関連の技術を幅広く習得できる学校

「諒設計アーキテクトラーニング」は、CADを中心とした設計に関するさまざまな技術を習得することができるスクールです。
このスクールの特筆すべきポイントは、実務で通用するレベルの技術を学ぶことができるという点。
就職や転職を目標とした学習を進めることができるので、本気で仕事につなげたいという人に適しています。

通信教育は3つのコースがあり、ひとつはCADの基本的な操作を学ぶための「実践建築CAD初心者コース」です。
始めてCADに触れるのでまずは基礎を学びたいという人に向けたこちらのコースは、3ヶ月間の講座で料金は4~5万円で設置されています。
3ヶ月間で5回添削が入り、その期間に3種類のトレースを作製していきます。

次に、実践に向けてCADを勉強したい人のための「実践建築CADオペレーターコース」は、6ヶ月間で構成されています。
半年の間に10回の添削が入り、6種類のトレースを作製するこちらのコースは、派遣社員などの雇用形態でオペレーターとしてCADの仕事がしたいとう人向きです。

CADの技術者として本格的に仕事がしたい、フリーランスで在宅業務なども検討している人に向けた「実践建築CAD建築技術者コース」は、たっぷり9ヶ月間学ぶコースです。
15回の添削の中で、13種類のトレースを作製しますので、内容もかなりハード。
料金は12~15万前後で、環境によって金額が異なります。
こちらのコースを修了した人は、同時に建築CADインストラクターとCADデザインマスターの認定がもらえますので、転職や就職にも有利です。

卒業後の仕事に困らない登録制度とは?

「実践建築CAD建築技術者コース」を卒業した人は、「外注協力者」として諒設計に登録し、トレースや図面修正の仕事の依頼を受けることができるシステムが設けられています。
多くの通信教育は、資格を取得してもその後の就職サポートなどがないので、資格を活かせないままになってしまうことが多いですが、こうしたアフターサポートがしっかりしていると、安心して受講することができますね。
仕事につなげることを前提として講座が構成されているという点にも好感が持てます。

また、こちらのスクールではCADを作製するためのソフトの体験版を提供しており、教材が到着したらそのソフトを使用してすぐに学習を始めることができるというメリットもあります。
興味のある人はインターネットから資料を請求することができますので、取り寄せてみるとよいでしょう。
しっかり仕事につなげたい、キャリアチェンジを狙っているという人に、諒設計アーキテクトラーニングの通信教育はおすすめです。