女性が活躍できる理由

女性向けの求人が多いことが特徴

CADオペレーターの求人をいくつか検索してみると、「女性歓迎」といった優先的に女性を採用したいという広告が打たれているものを多く見かけることができます。

CADオペレーターの主な勤務先となるのは工場の設計部や土木工事事務所などといった男性が多い職場です。

しかし実際の工事や製品製造といった仕事は男性が多くても、その裏方となる設計の仕事においては女性が多く活躍しているというのが実情です。

中でもCADオペレーターは女性の人気も高く、長年勤務をすることができる技術職として人気があります。

これはCADオペレーターという仕事が自分だけで行うものではなく他の設計担当者や同じCADオペの人たちとの連携が必要なアシスタント業務であるということが関係しています。

そうしたアシスタントとしての仕事においては、仕事の指示を出す設計者の意図を素早く汲み取るとともに、クライアント先の要望により近い形で製図をしていくというバランス力が求められてきます。

ですので普段から相手の話をよく聞いて、話の中にある要望や言外の指示を察知して形にしていくことができるというコミュニケーション能力がある人が向いているということになります。

一概には言えませんがそうした相手の気持ちをくんで実現するという共感力は男性よりも女性の方が高い傾向があるためCADオペレーターという仕事において女性が多く求められているのです。

自分のペースで仕事をしていくことができる

もう一つCADオペレーターが女性に人気がある職種である理由として、技術職として比較的高い給与を得ながら自分のペースで働くことができるという点があります。

一般的な事務職と比較して専門的なソフトを使用していくことになるCADオペレーターは就業までの敷居はやや高くなりますが、一旦身につけた知識はその後長く生かしていくことが可能です。

特に子育て世代の女性にとってはできるだけ短時間できちんとした収入を得ることができる仕事を求めたいと考えるところなので、専門性のある仕事に就いておくことで時短業務や短期間だけのアルバイトなどといった形で仕事をしていくことができやすくなります。

例えば、クラウド型勤怠管理により、新しく自宅で仕事をするリモートワークを認めている企業も増えています。

建築士や電気設計技術者などになると責任が重く就業にかかる時間も長くなりますが、CADオペレーターの場合には基本的に指示を受けた内容をそのまま製作をすればよいので業務上の負担も軽く、自分の生活のペースを乱すことなく勤務をしていくことができます。

そしてさらに言えば子育てが一段落をして本格的に社会に復帰したくなったというときにはそれまでの勤務経験を生かして上位資格を取得したりより責任ある役職を目指したりということも選択することが可能です。

長い目で見た時の就業環境でいえば女性向けの仕事と言っても差し支えないでしょう。

未経験からでもどんどんスキルアップできる

結婚や出産前にCADオペレーターをしていたという人でなくても、未経験から就業ができるというのもこの仕事の強みです。

中小企業までの設計事務所や工場ではCADオペレーターを専門に採用するのではなく事務職などとして採用してからCADの仕事を覚えていくようなシステムをしているところもあり、未経験からでも仕事を覚えていくということは十分に可能です。

ただやはり自分でしっかりと勉強をしてスキルを身につけていきたいという前向きな姿勢がないと最初の頃は厳しいかもしれませんが、コツコツ努力を重ねることで確実に能力を身につけることができることを考えればやはり働きやすい場所といえるでしょう。